日除け、シェードにハトメ追加!帆布補修シートで下地補強

横長の日除けシェードを設置したら中央が少し垂れ下がり見栄えが悪い。思い切り引っ張るのも伸びや耐久性に不安が残る。ということで、ハトメを追加することにしました。

ハトメを追加する時注意したい点は、素材の強度です。単純にハトメを追加するだけだと、生地の強度不足により強風に煽られた時などに追加したハトメ周囲から次第に破れてしまいます。生地を折り返したり下地を追加したりして補強するのが王道ですが、接着や縫い合わせなどは正直面倒くさいです。

出来るだけ簡単な方法で補強できないか検討した結果、下地として「帆布の補修テープ」を使う方法を試してみました。

帆布の補修テープは、超強力な粘着力と防水・耐久性能を持つ補修テープです。キャンプで使うテントやタープ、軽トラの荷台シートなどタフな状況下で使われるので信頼性は高いと思います。

生地の補強にしか使わないので、サイズの小さいシート状の補修テープで十分です。余ったら防水の補修や補強に使えます。

今回は、家にあった12mmのハトメを使いました。紐やフックなど固定方法に応じてサイズを選択すれば大丈夫です。

作業は、ハトメより少し大きめに補修シートを切り分けて生地に張り付け、下穴を開けてハトメを付けるだけなので簡単です。ハトメより余裕をもった大きさでカットした方が耐久性が高いです。今回は、補修シートを三角に切ってますが、形は何でもかまいません。

両面に補修シートを貼るれば、もっと強度が増すと思いますが、ハトメの追加場所としてそこまでの強度を求めないので今回は片側のみです。

日除けシェードの幅が135cmだったので2ヵ所、約45cm間隔でハトメを追加しました。

ハトメを追加した日除けシェードを設置してから1年以上が経過していますが、台風が来ても破れなかったので耐久性は悪くないです。

尚、補修シートの粘着力は非常に強力です。補修シートを切ったハサミの刃はベトベトになります。無水エタノールで拭いたり、消しゴムで擦れば粘着力は落ちます。仕上げにティッシュで拭いて残った粘着力を落とせば完璧です。

ハトメを追加したいと思った時は、参考にしてみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました