TOTO「TKHG32PBR」にパナソニック分岐水栓「CB-SSG6」の取り付けてみる

キッチンに浄水器を設置するため、分岐水栓の取り付け作業を行いました。

家で使っているキッチン水栓は、TOTO製「TKHG32PBR」です。蛇口部分がハンドルシャワーで先端に水切り替えレバーの取り付けができないため、浄水器を設置には分岐水栓の取り付けが必要でした。

取り付け可能な分岐水栓の中から候補として検討したのは、下記2点。

  • TOTO EUDB308
  • パナソニック CB-SSG6

入手性や価格面(EUDB308が1.5万円程度、CB-SSG6が9,000円程度)、および浄水器がパナソニック製という点から、今回はCB-SSG6を選択しました。

取り付けは、TKHG32PBRの分解図(PDF)やYoutubeにアップされている分岐水栓の取り付け動画などを参考にして、作業が難しくなさそうだったので自分でやってみることにしました。

使用した工具は、マイナスドライバ、六角レンチ、モーターレンチの3つ。

マイナスドライバは、ハンドルの固定ネジが隠れているカバーを外すだけです。六角レンチは100均で売ってるセットで大丈夫。モーターレンチだけ追加で購入しました。

作業の詳細は省きますが、ハンドルを外す>カートリッジ押えを外す>CB-SSG6を取り付ける>元に戻すといった感じです。作業前に、水道の元栓を閉めるを忘れずに。

苦労したのがキッチン水栓の固着です。13年間使ったキッチン水栓は、固着してモーターレンチを使ってもビクともしませんでした。あまりにも外れないので実は外れないものなのか?どこかにロックがあるのか?など不安になりながら作業を続けましたが、最終的にカートリッジ押えの接合部分にKURE 5-56を浸透させたらあっさり外れ、ほっとしました。

キッチン水栓の固着は、TKHG32PBRに限らず発生する頻度が高いらしく、苦労されている方が多いようです。水道周りに臭いのあるKURE 5-56を使うのは少し躊躇いましたが、作業後の清掃で臭いは全く気にならなくなったので固着で苦労されている場合には試してみて下さい。

苦労したのは固着だけで30分程度で作業は完了しました。

ちなみに設置する浄水器は、パナソニック製アルカリイオン整水器「TK-AS30-W」です。設置場所が高さ30センチまでなのでこれに決めました。

浄水器と分岐水栓の接合には、パナソニック製アルカリイオン整水器分岐水栓用アダプター「P-A3604」が追加で必要になります。

固着は中々の強敵でしたが、終わり良ければ全て良し。浄水器も無事に設置が出来て大満足です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました